国頭のフルーツ

やんばるの大自然に囲まれ、愛情たっぷりに育てられたフルーツ

沖縄県国頭村では温暖な気候とやんばるの大自然の恵みを受けて、沢山のフルーツが栽培されています。その中でも国頭村では、夏はマンゴーやパイナップル、冬はタンカン(沖縄みかん)が積極的に作られています。

パイナップル(ゴールドバレル)

パイナップルの最高峰と言われる、ゴールドバレル(黄金の樽)

国頭村で生産が盛んなパイナップルですが、中でも最高峰と言われ大人気な品種がゴールドバレル。

GOLD BARREL(黄金の樽)という意味で、まるで樽のような見た目をしていることから名づけられました。

温暖な沖縄の気候の中でハウス栽培されており、柔らかい果肉からあふれ出す果汁に、糖度が非常に高く、酸味がほとんどない最高品質のゴールドバレルをご賞味下さい。(期間限定)
ゴールドバレル(パイナップル)

タンカン

程よい甘さと酸味が特徴のタンカン

タンカンはポンカンとネーブルオレンジの自然交配種とされるタンゴールの一種です。
中国の広東省が原産地とされ、亜熱帯性に適した柑橘類で沖縄では1~2月に旬を迎える「みかん」の事です。

皮は厚みがあり、ゴツゴツとしていますが、簡単に手で剥く事ができて、皮をむいた中の果肉は薄いジョウノウに包まれていてジョウノウごと食べることが出来ます。

国頭村の特産品タンカンは、程よい甘さと酸味が特徴。ビタミンCを多く含みその量は一般的なみかんの約2倍と言われています。またビタミンCの吸収を助けるスぺリジンも含んでるため、他の果物よりビタミンCの効果は抜群!!!
国頭村のタンカン(イメージ)

マンゴー

甘さたっぷり!国頭はマンゴーもたくさん!

国頭村では広大な敷地を生かしてマンゴーの生産も盛ん!
地元の農家さんが一つ一つ手作りで育てたマンゴーの他、日本一の生産量を誇るマンゴー園もあり、収穫量もたくさん。また、海のマンゴーと山のマンゴーでは収穫時期も1ヶ月ほど異なるため、長い期間手に入ります。

夏場のゆいゆい国頭では、農家の名前のついた「○○ちゃんマンゴー」と言う名前でマンゴーが販売されており、農家さんによって味も微妙に違ったりします。ぜひゆいゆい国頭でお気に入りのマンゴーを見つけてください。
国頭村のマンゴー(イメージ)
国頭村観光物産センター ゆいゆい国頭

〒905-1412 沖縄県国頭郡国頭村字奥間1605

TEL 0980-41-5555
FAX 0980-50-1952
営業時間 午前9時〜午後6時